2021-11-17 18:33:00

ちょう龍 オリゴ乳酸のサプリメント

こんにちは!感謝してます。

銀座まるかんより、新商品が、2つ発売されます。

12月中旬頃に「ちょう龍」、来年1月に「フシコリ龍」が出ます。

「ちょう龍」は、話題のオリゴ乳酸(ラック)を主成分に含有したサプリメントなんです。

そもそも、

オリゴ乳酸って何?
乳酸と乳酸菌って違うの?

って思いませんか?

今回は、「オリゴ乳酸(ラック)」について、健康や美容のサイトで紹介されている内容をご紹介しますね。

 

・オリゴ乳酸とは?

「オリゴ乳酸」と聞けばその知名度から“オリゴ糖”と“乳酸”が合体したもの?と思う人もいるであろう。
答えはノー。
L型乳酸を原料とした乳酸縮合物の混合物、がその答え。
サトウダイコンやトウモロコシなどの天然原料から生成したL型乳酸を加熱し、貝カルシウムなどの助剤を加えたのち乾燥、粉砕といった工程を経て粉末化する。
その構造が乳酸がエステル結合したもので、主成分が直鎖状のオリゴマーであることから「オリゴ乳酸」と呼ばれる。

引用:健康美容EXPO「 注目の腸内環境改善素材 オリゴ乳酸「ラック」」より


オリゴマー(oligomer)、つまり、結合した乳酸、ということなんですね。



・乳酸と乳酸菌の違い

「乳酸」と「乳酸菌」は名前が似ていることから混同されがちですが、全く違うものです。
乳酸とは乳酸菌という微生物が糖を食べた結果生み出した物質。
つまり、乳酸は生成物であり、乳酸菌は生き物です。
また、人にとって乳酸は重要なエネルギー源であるブトウ糖の素となる物質でもあります。
味噌やしょうゆなどの食品のほか、点滴等の医薬品でも使用されています。

引用:健康美容EXPO「 注目の腸内環境改善素材 オリゴ乳酸「ラック」」より



・オリゴ乳酸 LAC(ラック)とは?

オリゴ乳酸「LAC(ラック)」は、健康食品の企画・開発・製造を行うGLART(グラート)が開発した独自素材で、乳酸が3~22個繋がっている乳酸オリゴマー製品。

LACは腸内乳酸菌増殖効果、排便改善機能をはじめ、強力な腸管免疫活性化とともに多彩な生理機能を発揮する。
健常日本人女性を対象としたヒト試験では、LAC300mg/日の摂取による便通改善効果を確認している。
作用機序の解明はまだだが、大腸部でLACから乖離した乳酸が大腸内のpHを弱酸性に保ち、固有善玉菌の増殖・活性と腸管の蠕動運動の亢進で便秘解消することが一要因だと考えられている。
また同品はヒト試験でミトコンドリアの機能亢進による抗肥満作用も調べられている。

引用:食品と開発「便通改善や免疫活性機能をもつオリゴ乳酸「LAC」―機能研究進む」より



このように、「オリゴ乳酸」は、腸内環境を整える成分として注目されているんですね。

腸内環境を整えるためにも、まずは、自分の腸内環境の状態を知ることが大切です。

厚生労働省による生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット 」の腸内細菌と健康のページでは、腸内細菌が健康的な好ましい状態であるかどうかを知る方法について記載されていますよ。

腸内細菌が健康的な好ましい状態であるかどうかを知るもっとも簡単な方法は、便を観察することです。
善玉菌がたくさん酸を作っていると、色は黄色から黄色がかった褐色で、においがあっても臭くなく、形状は柔らかいバナナ状が理想です。
逆に黒っぽい色で悪臭がある便は、腸内細菌のバランスが悪くなっている状態です。
健康づくりにはおなかの中の同居人である腸内細菌の状態を良く知り、仲良くなることが大切です。

引用:e-ヘルスネット 「腸内細菌と健康」


お通じの回数、色、におい、形など、日頃から観察して、健康づくりに活かすことが大切なんですね。

 

いかがでしたか?

オリゴ乳酸について、さらに詳しく知りたいかたは、こちら↓のサイトをご覧くださいね。

「腸を元気にする新成分!オリゴ乳酸大辞典」